6月23日 ニューヨークの貴金属市場終値と1g当たりの円相場【ゴールド プラチナ シルバー】

貴金属相場

ニューヨーク 2021年6月23日(水)

ニューヨークの貴金属市場 終値

GOLD / 金 1783.40 前日より+6.00
PT / プラチナ 1086.50 前日より +16.30
SV / 銀 26.11 前日より +0.254
NYドル/円 終値 110.98円

1oz(トロイオンス)は約31.1035gです。

1oz(トロイオンス)あたりの円価格

・1トロイオンスにドル円相場をかけます。(小数点以下は四捨五入)
1ozあたり
GOLD / 金 1783.40 ドル × 110.98円 = 197,922円
PT / プラチナ 1086.50 ドル × 110.98円 = 120,580円
SV / 銀    25.85 ドル × 110.98円 = 2,898円

1gあたりの円価格

1トロイオンスの金額を1gに変換するために割ります。(小数点以下は四捨五入)

1gあたり
GOLD / 金 197,922円 / 31.1035g = 6,363円
PT / プラチナ 120,580円 / 31.1035g = 3,877円
SV / 銀    2,898円 / 31.1035g = 93円

この金額は市場で取引されている金額になります。

貴金属の買取屋さんや質屋さんなどの買取金額は上記の金額に10%の消費税を加算しております。

1gあたり(税込)
GOLD / 金 6,363円 × 1.1 = 6,999円
PT / プラチナ 3,877円 × 1.1 = 4,265円
SV / 銀 93円 × 1.1 = 102円

そして各自の手数料を引いた金額を本日の買取価格と表記している場合が多いです。

円高になると金の価格が上がっても円に換算すると下がる要因になります。
逆に円安になると金の価格が下がっても円に換算すると上がる要因になります。

市場ではFRBのパウエル議長の発言によって貴金属相場は少し反発した様です。
景気が回復する期待が少しづつ上がってきている様ですが、そうなると金利を産まない金などの貴金属相場は下がるかもしれませんね。