貴金属に関する記事一覧


貴金属

本物の金 プラチナ シルバーとニセモノを見分けるためには必要な知識と道具、そして適切な検査が必要です。最初はまず倍率が10倍のルーペ・LEDライトと黄色い波長のペンライトで確認していきましょう。具体的には①ルーペで拡大してチェック②磁石を使ってチェック③比重をチェック④試金石でチェックを行い、金 プラチナ シルバーとメッキや張りを見分ける事ができます。

貴金属

試金石検査は那智黒石などの硬い石に金や銀などをこすりつけて条痕を確認する方法です。条痕に硝酸をたらして確認する方法は反応がすぐにわかるので、貴金属の買取店や質屋さんでもよく行われている方法です。

貴金属

貴金属か金メッキや金張りかどうかを比重値で見分けるポイントを解説します。まず貴金属やメッキ製品に使われる素材の主な比重値を確認します。静水法の場合、比重値はジュエリーの形状や合金の割合・水温で変化します。3つの注意点を確認して実際に金の比重値を測定します。

貴金属

貴金属か金メッキや金張りかどうかを磁石で見分けるポイントを解説します。貴金属は磁石にくっつかない・メッキや金張りは磁石にくっつきやすいという特性があります。注意点としては磁石で確認する際はパソコンやハードディスクなどが無いところで使用してください。

貴金属

貴金属を宝石顕微鏡やルーペ(拡大鏡)で確認する際に見るべきポイントを解説します。①刻印の有無②作り(構造)③仕上げ具合(研磨)の3点です。この3点を確認することでそのジュエリーが貴金属なのか金メッキなのか金張りのアクセサリーなのかを見分けやすくなります。

貴金属

貴金属製品やメッキ製品の刻印がよくある場所について解説します。基本的にジュエリーやアクセサリーはデザインを良く見せるために刻印は目立たない場所にあります。反対に純金・純プラチナのインゴットや金貨などのコインはわかりやすい場所に刻印されております。ネックレスやブローチなどアイテム別に紹介します。

貴金属

金メッキや金張り製品の刻印について解説します。金メッキは金属や非金属の表面に金属の薄い膜を覆いかぶせるのですが、金張りはメッキよりも厚い金を張り付けております。金メッキや金張りの刻印を見ることで見分ける事ができます。またそれら以外のよく見る刻印を解説します。

貴金属

銀(シルバー)が変色する原因と黒ずみを取る方法、そしてわざと変色させる方法を解説します。銀(シルバー)は化学反応によって変色を起こします。化学反応を利用して黒ずみを取る方法や磨いて取る方法があります。わざと変色させる場合も化学反応を利用して黒ずみをつけます。

貴金属

貴金属の品位と刻印について解説します。品位とは貴金属製品や地金に含まれているメインとなる金や銀・プラチナの割合です。刻印とは貴金属製品や地金に品位を打ち込んだものです。

貴金属

貴金属についてご紹介します。貴金属とは金(ゴールド)白金(プラチナ)銀(シルバー)を思い浮かべますが、パラジウムやロジウムなどの物質も含まれます。綺麗で化学変化が起きにくく取れる量が少ないため希少性や永遠性があり古くから金や銀は宝飾品に使用されておりました。