タグ:鑑定が付いている記事一覧


ダイヤモンド 宝石

ダイヤモンドを見分ける上で重要なダイヤモンドの4Cについて解説します。カラット・カット・カラー・クラリティの頭文字のCを取っての4Cです。ほかにも蛍光性が品質を見る上で重要です。

事例 鑑定

ヤフオクで落札した商品が本物かニセモノかを実際に調べました。第1回目は鼈甲(べっこう)べっ甲の帯留めです。ヤフオクにどのように出品されていたかがポイントです。実際に拡大検査や蛍光検査などを行い本物かニセモノかを見分けます。金額的な価値も計算してみました。

ダイヤモンド 宝石

宝石の中でもっとも有名なダイヤモンドについて解説します。世の中の物質で一番の硬さを持ち、また美しさを兼ねた永遠性・希少性のある宝石です。宝石の事を全く知らない人でも知っているぐらい有名な宝石ですね。

宝石 鑑別

本物の宝石とニセモノを見分けるためには必要な知識と道具、そして適切な検査が必要です。宝石鑑別の機材は高額なものが多いので、最初からすべてをそろえる必要はありません。最初はまず倍率が10倍のルーペ・LEDライトと黄色い波長のペンライト・長波紫外線ライトで確認していきましょう。具体的には①拡大検査②蛍光検査③偏光検査④多色性検査⑤分光検査⑥比重検査⑦カラーフィルター検査を行い宝石を見分ける事ができます。

宝石 鑑別

宝石を鑑別する場合に行う基本的な検査の一つであるカラーフィルター検査の方法を解説します。カラーフィルターは赤い光と黄緑の光しか通さない特殊なフィルターです。その特性を利用して染色処理や特定の宝石を見分ける検査です。

宝石 鑑別

簡単に静水法(水中重量測定法)の比重を測る方法を紹介します。比重を測る際によく使われる宝石貴金属比重計は専門器具ですので購入するとなると高額です。金額を安く抑えて手軽に簡単に比重を計測する方法を紹介します。

宝石 鑑別

簡単に偏光器を作る方法を解説します。偏光器で宝石の単屈折と複屈折を確認する事は宝石を見分ける上でとても重要です。しかし宝石偏光器は専門器具ですので購入するとなると2〜3万円はします。金額を安く抑えて手軽に簡単に偏光器を作る方法を解説します。

宝石 鑑別

宝石を見分ける際に必要な検査の一つである拡大方法を解説します。宝石の拡大検査は基本的に倍率が10倍のルーペを使用して確認します。宝石によって内包物(インクルージョン)や特徴がありますのでそれらを確認することができれば宝石を見分けるヒントになります。拡大検査に必要な道具やポイントを解説します。

宝石 鑑別

宝石を見分ける際に必要な検査の一つである屈折率の測定方法を紹介します。今回は宝石屈折計を使用して宝石の屈折率を確認します。宝石によって屈折率は異なりますのでそれを確認することで宝石を見分けることができます。

宝石 鑑別

宝石を見分ける際に必要な検査の一つである比重検査の方法を紹介します。比重検査は重液法と静水法があります。宝石によって比重値は異なりますのでそれを確認することができます。比重検査に必要な道具やポイントを解説します。